スポンサーリンク

【断言】アジングリールにハイギアは不要!その理由を徹底解説します。

Fishing
アツオ
アツオ

どうも!福岡在住の釣り中毒者アツオです。

アジングリールにはハイギアとローギアどっちが適してるんだろう?

どう選べばいいか教えて~~!

この記事では↑のような疑問にお答えしていきます。

結論を先に言いますと、アジングにはローギア一択です。

記事内では

  • ハイギアとローギア、それぞれの特徴
  • アジングリールにハイギアが不要な3つの理由
  • おすすめの【非ハイギア】アジングリール

のトピックをお届けしていきます。ぜひ、お役立てください♪

アジングリールのハイギア・ローギアってなに?

釣りで使うスピニングリールは、巻き取り効率によって

  • ハイギア:巻き取り効率が良い
  • ローギア(別称:パワーギア):巻き取り効率が悪い

の2種類に分類されます。

ハイギアとローギア、それぞれのメリットは以下の通り。

ハイギアのメリット ローギアのメリット
・糸フケの回収効率が良い
・パワフルなファイトに対応
・スピーディーな誘いに最適
・繊細なアクションが得意
・魚とのやりとりを楽しめる
・スローな誘いを展開しやすい

両者のデメリットに関しては、メリットの裏返しとなりますので、割愛します。

アジングリールにハイギアは不要

記事の冒頭でもお伝えした通り、アジングリールにハイギアは不要です。

双方のメリットを見ると、その理由は一目瞭然。

【ハイギアのメリット】

  • 糸フケの回収効率:不要
  • パワフルなファイト:不要
  • スピーディーな誘い:不要

【ローギアのメリット】

  • 繊細なアクション:必要
  • 魚とのやりとりの楽しみ:必要
  • スローな誘い:必要

極限まで繊細な釣りが求められるアジングにおいては、ハイギアのメリットが機能することは少ないです。

明らかにローギアを使って得られるアドバンテージの方が魅力的となっています。

ちなみに、ハイギアが適している釣りはエギング・ショアジギング・シーバスなどです。

  • 長距離キャストや大きなアクションで糸フケが出やすい
  • ターゲットの引きがパワフルなので、ロッドで強引に寄せた後にササっと巻き取る系のファイトが有効

といった点が主な理由です。

上記のような釣りではローギアではパワー不足になりますし、手返しも良くありません。

アジングのリールにハイギアが不要な3つの理由

ここからは、アジングリールにハイギアが不要な理由を3つのポイントに分けて力説していきます。

  1. アジングのアクションでは大きな糸フケが出ない
  2. アジングではシビアなファイトが不要
  3. アミパターンがメインなので、巻き取りは遅い方が有利

理由①アジングのアクションでは大きな糸フケが出ない

アジングのアクションは他の釣りと比べて小さめです。

  • ただ巻き(リトリーブ)
  • トゥイッチ
  • リフト&フォール

といったアクションが鉄板なのですが、エギングやショアジギングのように大きくシャクることはありませんので、糸フケはそれほど出ません。

あまり大きく動かしすぎると、アジングで最も重要なレンジキープがしづらくなり、釣果が悪くなってしまう可能性が高くなります。

糸フケの回収効率を考える必要がありませんので、ハイギアは不要ですね。

理由②アジングではシビアなファイトが不要

ショアからのアジングで狙うのは15~25cmクラスのアジが主となります。

フィールドや時期といった条件が揃えば、30cm超えの尺アジ、それ以上にデカいギガアジといった個体とも出会えますが、まあ稀です。

70~80cmクラスが釣れるシーバスやショアジギングではパワフルなファイトが求められますが、アジングにおいては不要。

ロッドのパワーで寄せて巻き取る、というよりはドラグを緩めに設定して常にハンドルを回しながら一定のテンションを保つファイト方法が一般的です。

どうせドラグは出っ放しになるので、ハイギアである必要はどこにもありません。

理由③アミパターンがメインなので、巻き取りは遅い方が有利

近年、魚食性の強いアジが減っていると言われており、プランクトンを捕食しているいわゆる「アミパターン」がメインになっています。

(アジング界の大スター34ヤベさんもYouTube動画でおっしゃってました。)

よりスローに誘っていくシーンの必要性が増す中、巻き取りの早いハイギアを使うのは非効率です。

激しいアクションやジャカジャカ巻いていく釣り(エギング・シーバス・ショアジギング)なら断然ハイギア。

ですが!

  • ラインを軽く張ってふわふわ漂わせるアプローチ
  • デッドスローリトリーブ

が有効な近年のアジングシーンでは、ローギア以外考えられません。

【非ハイギア】のおすすめアジングリール3選

ということで、アジングリールにハイギアは不要!ローギアを使うべきです。

ここからは、おすすめのローギアリールを3種類ご紹介していきます。

基本的には汎用性が高い2000番クラスがおすすめなのですが、もう一段階小さい1000番クラスも選択肢に入れたい方は、以下の記事をご一読ください。

どっちがいい?アジングリールの1000番と2000番【選び方を解説】
アジングリールは1000番~2000番を選びましょう!と言われるけど、どっちを選べばいいか迷いますよね?そんな方のために、この記事では1000番と2000番の違いと使い分け、おすすめのアジングリールについて解説しています。ぜひ、お役立てください。

18レガリスLT2000S(自重190g)

まずはダイワのレガリスです。

アンダー1万円ながらも滑らかな巻きと洗練されたデザインで「コスパ良すぎ!」と話題のリールとなっています。

LT2000Sは、ぼくもサブリールとして使っていますが、快適過ぎてやばたんです。

ミドルエンド・ハイエンドリールって本当に必要?と思えるレベルに仕上がっていますよ。

18カルディアLT2000S(自重170g)

お次は18カルディアLT2000Sです。

レガリスよりも自重が軽く、ベアリングの数も多いので巻きも滑らか。

「リール予算は2万円まで頑張れるぜ!」って方には、18カルディアを推します。

アツオ
アツオ

ちなみに、ぼくはジグ単用リールとして18カルディアの1000番クラスを使っていますが、非常に快適です。

レガリスと大きく違うのはドラグの滑り出しの良さ。

スムーズにドラグが滑り出すので、掛かり所が悪いアジくんをGETできる確率が上がります。

アワセが下手っぴな僕には大変ありがたい限りですw。

19ヴァンキッシュ C2000SSS(145g)

圧倒的な軽量化に成功し、ジグ単アジングに最適すぎるリールと言われているのがシマノの19ヴァンキッシュです。

「予算5万までは許容範囲だぜ!」って方は、19ヴァンキッシュがイチオシ。

リール何使ってるの?って聞かれたときに、「19ヴァンキッシュだけど」とドヤることができますよ。

アジングのリールにハイギアは不要!パワーギアを使おう!

ということで、再度この記事の結論を…。アジングリールにはハイギアは不要です!

理由は以下の3点。

  1. アジングのアクションでは大きな糸フケが出ない
  2. アジングではシビアなファイトが不要
  3. アミパターンがメインなので、巻き取りは遅い方が有利

繊細かつスローな誘いを実現するために、ローギアタイプのリールを選びましょう。

↓本記事でご紹介したおすすめリール↓

コメント

  1. […] 【断言】アジングリールにハイギアは不要!その理由を徹底解説します。 アツオ どうも!福岡在住の釣り中毒者アツオです。 アジン…sharing-tips.com2019.10.31 […]

タイトルとURLをコピーしました