スポンサーリンク

【アンダー1万】アジング入門用ロッドはコスパモデルで決まりです!

Fishing

どうも!福岡在住のアジング中毒者アツオです。

アジングを始めたいけど、最初のロッドにはどれくらいお金をかけるべきなの?種類が多すぎて選べねえ〜…。

この記事では↑のような疑問にズバっと回答しちゃいます。

これからアジングを始める方向けに、以下の内容について徹底解説していきます。

  • アジングの入門ロッドにかけるべき金額
  • アジング入門用ロッドの選び方
  • アジング入門におすすめの高コスパロッド3選

アジングを存分に楽しむための相棒選びをサポートできたらと思いますので、ぜひお役立てください。

アジングの入門ロッドはアンダー1万円のコスパモデルで決まり

まずは、アジングの入門用ロッドにいくらかけるべきなのか?についてです。

アンダー1万円であまりお金をかけずに始めましょう!ってのが基本的な主張ですが、安すぎるのも良くありません。

その理由をお話ししておこうと思います。

激安ロッドではアジングは楽しめない!?

アジングロッドは激安(3000円ぐらい)のものから高額(5万over)なものまであり、まさにピンキリです。

とりあえずお伝えしておきたいのは、「5000円クラス以下の激安ロッドはやめといたがいいですよ」ってこと。

なぜなら、ガイド性能が悪いのでライントラブルも多くなりますし、アジングを楽しむためにもっとも重要な感度がかなり悪いからです。

アツオ
アツオ

ぼくも最初は、3000円くらいのロッドとリールでアジングを始めたのですが、度重なるライントラブルに見舞われるわ、アタリはぜんぜんわからんわで苦労した経験があります。

その結果、2週間後ぐらいにはロッドもリールも1万円クラスのものに買い換えましたw

このあと詳しくお話ししますが、最低でも7000円ぐらいは出しておいた方が良いと思います。

入門用に最適な価格は7,000〜10,000円です

アジングの入門に最適なロッドの価格帯は7000円〜10000円です。

これは自信を持って言えます。

アジングにどっぷりハマって上達するまで十分に使い倒せる性能もありますし、もし飽きちゃったとしても「1万ぐらいならいっか」とそれほど気分の損なわれないです。

アツオ
アツオ

もし、ぼくのように速攻でアジングにハマり散らかした場合は、割と早いタイミングで自分のスタイルにばっちり合うミドルエンドのタックルが欲しくなります。

最初からお金をかけすぎると、買い換えも見据えると結構な額がかかっちゃうんですよね。

ミドルエンド、ハイエンドへの買い換え欲を考慮しても、最初のタックルには最低限のお金しかかけない方がいいですよ。

アジングロッドの選び方

選ぶべきロッドの価格帯がわかったところで、お次はアジングロッドに関する基礎知識をお届けします。

後から「おすすめのロッドはこれです!」とは言うのですが、アジングロッドの選び方や自分が使っているロッドの特性は知っておいても損はありません。

要点だけギュッと詰めてますので、サラッと読んじゃってください。

ロッドの長さ

まず気にすべきなのはロッドの長さですね。

アジングロッドは5〜8フィートぐらいのバリエーションが用意されています。

ざっくりと分類すると

  • 5フィート台→感度重視のショートロッド
  • 6フィート台→何でもできるバランン型ロッド
  • 7フィート台→遠投用の長尺ロッド

基本的にアジングロッドは

  • 短ければ感度が良いけど、重いルアーが投げられないので飛距離が出ない
  • 長ければ感度は悪いけど、重いルアーが投げられるので飛距離が出せる

といった感じで、感度と飛距離がトレードオフの関係になります。

入門用アジングロッドには6フィート台のバランス型

アジングの入門用ロッドには何でもできる6フィート台のバランス型ロッドがおすすめです。

6フィート台のロッドですと、軽量ジグ単の繊細な釣りも楽しめますし、重ためのルアーも背負えるので沖へ遠投して大型のアジを狙うこともできます。

1本でかなりの釣り方をカバーできるので、いろんなシチュエーションに対応可能です。

ロッドのティップ(竿先)の形状

アジングのロッドはティップ(竿先)の形状によって2つの種類に分けられます。

  • チューブラーティップ:ロッドの先端が空洞になっている
  • ソリッドティップ:ロッドの先端が詰まっている

です。

張りがあって硬いチューブラーティップはアジの「コツン」という微妙なアタリを感知して、積極的にアワセを入れる「こちらアワセ」の釣り。

柔らかいソリッドティップは、アジの食い込みの良さを重視した「向こうアワセ」の釣りと言われます。

アジング入門ロッドにはソリッドティップがおすすめ

アジングの入門用ロッドにはソリッドティップを選ぶと良いでしょう。

竿先が柔らかいのでアワセを入れなくても、アジをキャッチできることが多いです。

アツオ
アツオ

もちろん、ソリッドティップでもアワセを入れて掛ける釣りも楽しむことはできます。

竿先が柔らかくてよく曲がるので、テンションがふわっと緩む「抜けアタリ」はチューブラーよりもソリッドの方が感知しやすいです。

入門用かは抜きにしても、個人的にはソリッド推奨派です。

アジング入門におすすめの高コスパロッド3選

ということで、ここからは入門用におすすめのアジングロッドを3つご紹介していきます。

  • 7,000〜10,000円の価格帯
  • 何でもできるバランス型の6フィート台
  • 向こうアワセのソリッドティップ

ここまで解説してきた選び方の通り、↑の条件でチョイスしています。

タカミヤ REALMETHOD AJING-GRⅡ 610S

釣具のポイントのプライベートブランド「REALMETHOD」から発売されているロッドです。

実売価格9000円前後ながらも、他のメーカーの1万円台クラスの性能があり、個人的にはイチオシのコスパロッドとなっています。

ルアー重量も0.5〜8gまで背負えるので、遠投リグもなんのその。

感度・強度ともにちょうど良い最強クラスのバランス型ロッドです。

メジャークラフト ソルパラ SPX-S642AJI

ソルパラは、低価格・高いコスパのロッドを販売するメーカーとしてお馴染みのメジャークラフト のエントリークラスロッドです。

6.4フィートのレングスながらもパワーがあり、最大10gのルアーを投げることができます。

感度は少々劣りますが、強度が高いロッドに仕上げられていますので、マイクロジグやプラグを投げたい方におすすめです。

ダイワ アジングX 68L-S

日本の釣具メーカーのトップに君臨するダイワの入門用アジングロッドです。

「とりあえず有名どころのロッドがいいな」って方は、アジングXがおすすめ。

ルアーは8gまで投げられますし、今回紹介した3本のロッドの中では最も長い6.8フィートなので飛距離もgoodです!

高コスパロッドでアジングデビューしよう!

ということでアジング入門に最適な高コスパロッドに関する解説は以上っす!

アジング入門用ロッド選びのポイントは以下の3つです。

  1. 7,000〜10,000円ぐらいの価格帯
  2. 何でできる6フィート台
  3. 向こうアワセのソリッドティップ

あなたにぴったりのロッドを手に入れて快適なアジングライフをお楽しみください♪

↓この記事で紹介した高コスパアジングロッド↓

釣具のポイントのPB。コスパ最強クラスです!
メジャークラフト の入門ロッド。強度がgood!
国産メーカーの頂点ダイワ。品質は折り紙つきです!

コメント

  1. […] 【アンダー1万】アジング入門用ロッドはコスパモデルで決まりです!アジング入門用のロッドは、アンダー1万円のコスパモデルを選ぶのがおすすめです。その点を踏まえつつ、アジン […]

タイトルとURLをコピーしました