スポンサーリンク

4年で8つのバイトをした僕が大学生におすすめのバイトを厳選!

Part Time Job

どうも!アツオです。

どうせ働くならラクで稼げるバイトがしたい。

そのうえで、社会人になってプラスになるバイトが良いな。

な〜んか都合の良いバイトないかな〜

って考えている大学生の方のために、大学4年間で8つのアルバイトを経験したぼくがおすすめのバイトを厳選してみました。

この記事を読むメリット

  • そこそこラクで稼げるバイトがわかる
  • 将来のために自分を高めてくれるバイトがわかる
  • 社会人生活が過ごしやすくなるバイトがわかる
  • やめといた方がいいクソバイトがわかる

ってな感じです。

「とにかくラクできりゃあ良い!」と思いつつも、「できれば自分を高めたいっす!」って欲張る大学時代のぼくのような方に送ります(^ ^)

ぴやっと読み進めてみてくださいね〜♪

大学生におすすめのバイト【4選】

ぼくが経験した仕事の中で、大学生におすすめしたいのは以下の4つです。

  1. バーテンダー
  2. ラウンジ、キャバクラ、スナック
  3. 飲食店の調理スタッフ
  4. クラウドソーシング

クラウドソーシングに関しては事業収入なので厳密にはバイトじゃないのですが、、、んまあ細かいことは気にせず紹介していきます。

バーテンダー【社会人との会話力、お酒の知識が身につく】

大学生におすすめのバイト①はバーテンダーです。

バーテンダーといっても熟練のマスターがいるようなガチガチのショットバーじゃなくて、若手のバーテンが2〜3人いる感じのカジュアルなバーをイメージしていただくと良いかと思います。

バーテンダーのバイトをすることの一番の魅力は社会人との会話力が身につくこと。

バーには知的で大人な男性や女性がひとりで来ることが多く、スタッフとがっつり話し込むのも珍しい光景ではありません。

たいていの大学生は身の回りの同世代に囲まれた狭いコミュニティーの中で生活していますので、大人(社会人)との関わりはほとんどありません。

バーテンダーのアルバイトをして、ひとまわり、ふたまわり上の世代の大人(社会人)と話し込むことに慣れると、就活の面接でもスラスラ言葉がでてきますよ

また、ドリンクを作っているうちにお酒の知識が身につくのもプラスになります。

社会人になったら上司とのジェネレーションギャップによって仕事以外の話のネタがないもの。

お酒は世代を超えた共通の話題になりやすく、会食やお付き合いが多い企業のお偉いさんには酒好きが多いのです。

ちょっと無理やりかもですが、「お酒に詳しい→お偉いさんとのコミュニケーションのネタができる→飲みの席などで気に入られる確率が上がる→出世の確率が上がる」ってことですわ。

アツオ
アツオ

ぼくはバーテンダーのバイトで身につけたお酒の知識と会話力のおかげで、飲みの席で会社のお偉いさんに気に入ってもらえて同期よりかなり早く出世できたんですよね。

もちろん仕事の方も頑張っていたのですが、何度も飲みに連れて行ってもらい、人間性を気に入ってもらえたことの方が明らかにデカイ要因です。

つまり、「かわいい部下っぷり」がよかったから出世したということ。

どこの会社もこんなもんなんだろうなw

ラウンジ、キャバクラ、スナック【絶妙なヨイショが身につく】

大学生におすすめのバイト②はラウンジ、キャバクラ、スナック

男の子ならば黒服やホスト、女の子ならばホステスとして働くということですね。

こういった「ザ・水商売」的な店で働くと、絶妙なヨイショが身につきます。

ヨイショはやりすぎるとウザがられるし、逆にまったくヨイショをしないと目上の方との関係性を築くのは難しいでしょう。

多くのお客から人気のある女の子は、さりげなく相手の自尊心を刺激するヨイショがうまいもの。

早い話、人気のある女の子のヨイショの秘訣を研究して、真似すりゃいいんですよ。

ヨイショ力を磨ければ、社会人になった時に要領よく円滑な人間関係をつくっていけるのです。

アツオ
アツオ

ぼくが働いていたラウンジは女の子が数人しか在籍しない小規模な店でした。

来客組数に対して女の子の数が少ないときは、黒服であるぼくもカウンターのお客様の相手をするのが当たり前でした。

お客様をがっつり実験台にさせてもらい、太鼓持ちスキルの研究をしたものですw

さりげなく相手を褒めるのが上手くなると相手からも好意を持たれやすくなります。

ぼくは基本的にプライドを捨てて相手をヨイショするスタイルで会社員をやってましたので、人間関係のストレスはほぼなかったですね。

飲食店の調理スタッフ【ピークタイムの忙殺で段取り力が鍛われる】

大学生におすすめのバイト③は飲食店の調理スタッフです。

調理スタッフとして働くことのメリットは「仕事の段取り力」が鍛えられること。

知っての通り、現代社会は働き手が圧倒的に不足しています。

お客が集中するランチタイムやディナータイムの飲食店の忙しさは異常です。

オーダーが集中する時間帯にいくつもの料理を同時進行でスピーディーに提供するためには、段取り力がないと無理ゲーになります。

会社に入ってすぐのときは、クリエイティブな仕事はあまり任せてもらえず、雑務的な作業が必然的に増えます。

飲食店の調理スタッフは、シンプルな作業を複数抱えて鬼速で処理していくスキルを磨くのにうってつけなのです。

アツオ
アツオ

ぼくは居酒屋とラーメン屋で調理スタッフをした経験があります。

どちらもピークタイムはまじで忙しいです。殺到するオーダーに打ちひしがれます。

放置できるものを先に調理器にぶち込むなど、作業の順番で提供スピードは大きく変わりますから、段取り力が超重要。

「放置できる揚げ物を油にぶち込む、高速でサラダを作って出す。焼き物の準備をして、揚げ物の加熱が終わったら盛り付けをして出す、焼き物を作って出す」みたいな。

Mっ気を発揮して楽しもうと思えば、ピークタイムの忙殺も苦痛から喜びに変わりますw

クラウドソーシング【社会人としての営業・交渉スキルが身につく】

大学生におすすめのバイト④はクラウドソーシング

事業収入なので厳密にはバイトじゃないのですが、「ちっちゃいことは気にしない♪それワカ・・・」みたいな感じでいきましょう。

話を戻すと、クラウドソーシングを使って自分のスキルをお金に変えましょうということ。

一番始めやすいwebライター(最低限の文章力があればOK)、デザイン系、プログラミングなど募集されている仕事は本当に多いです。

仕事を取るためには自分のスキルをアピールしていく営業力が必要ですし、場合によっては単価の交渉も行うことになります。

先方とのやりとりしながら仕事を進めるだけでも、社会経験になります。

しかも上手く行けばバイトよりも時給が高くて、場所と時間を選ばず仕事ができるというのも大きなメリット。

やらない手はないと思いますね。

(ぼくも大学時代に「クラウドソーシング」を知れっていれば、やりたかったな・・・)

大学生におすすめしないバイトの特徴と具体例

大学生に(というかフリーターにも)おすすめしないバイトの特徴は以下の3点。

  1. 単純作業の繰り返しで、自分の裁量がほぼ皆無
  2. 激しく肉体を消耗する
  3. くさい、きたない

実体験も交えつつ、掘っていきます。

単純作業の繰り返しで、自分の裁量がほぼ皆無【思考停止】

まずは単純作業の繰り返しになる作業系のバイトです。

自分の裁量で仕事を段取りすることができなければ、やりがいを見いだすのが難しいですし普通に飽きます。

例をあげると、コンビニ店員、工場の生産ライン、飲食店のホールスタッフ、清掃系など。

「取り組み方次第でしょ。主体的にやればだね(プリプリ)・・・」みたいな反論も聞こえてきそうですが、、、

どうせなら楽しみやすいバイトを最初から選んだ方がいいですよね。

アツオ
アツオ

ぼくが経験した中でダルかったのは、某カラオケチェーンの深夜バイト。

酔っ払いが汚した部屋をひたすら掃除していく感じでした。

たま〜にオーダーが入ったらドリンクやフードを運搬しつつ、ひたすらベタベタ、ギトギトの床を拭き上げる。まさに修行。拷問・・・は言い過ぎかw

激しく肉体を消耗する【鬼畜肉体労働】

激しく肉体を消耗するバイトもおすすめできません。

体が疲れると疲れて遊ぶどころじゃなくなるからです。(ついでに学業にも支障がでます。)

例をあげると、引越し屋、倉庫でいろいろ運ぶやつ、ドカタ系とかですかね。

もっとラクで同じぐらいの給料がもらえるバイトはいくらでもあるので、そっちを探した方が良いと思います。

アツオ
アツオ

ぼくが経験した鬼畜肉体労働は魚の養殖工場。

水槽から重たい(しかも暴れる)魚をひたすら網ですくう作業です。ばりキツかったです・・・

メリットは、「たまに水槽に落ちるヤツがいておもしろい」ってぐらいでしたねw

くさい、きたない【ゲロ処理が代表例】

「くさい、きたない」これも論外ですね。

いろんな汚いがあるかと思いますが、代表例はゲロ処理。(食事中の方がいたらすいません・・・)

居酒屋、カラオケは鉄板でゲロ処理祭りです。

ちなみに、おすすめで紹介したバーやキャバクラ、ラウンジ、スナックはゲロ処理はかなり少なめ。

バーに来るお客さんは比較的飲み方がキレイ、女の子の店に来る人はゲロったらダサいから基本うす〜い水割りしか飲まないからです。

アツオ
アツオ

ぼくもやりましたよ。ゲロ処理。

某カラオケチェーンの深夜バイトしてた時は、週2ぐらいで処理してました。まじ萎えます。

「トイレの床に吐くぐらいなら、ちゃんと便器に吐け!」

「小便器に吐くな!大便器に吐いて流せよ。」

と心の中でキレてました。

まとめ

ってことで、要点まとめます。

大学生におすすめのバイトは以下の4つ。

  1. バーテン【大人との会話力、お酒の知識が身につく】
  2. キャバクラ【絶妙なヨイショを研究・実践できる】
  3. 飲食店の調理スタッフ【忙殺されるピークタイムで段取り力が身につく】
  4. クラウド ソーシング【営業力・交渉力が身につく】

逆におすすめしないバイトの特徴は以下の3つ。

  1. 単純作業の繰り返しで、自分の裁量がほぼ皆無(コンビニ、工場、飲食のホールなど)
  2. 激しく肉体を消耗する(引っ越し、倉庫など)
  3. くさい、きたない(居酒屋、カラオケなど)

いい感じにラクで、いい感じで自分を磨けるバイトを探してみてくださいね〜♪

タイトルとURLをコピーしました