スポンサーリンク

『人を操る禁断の文章術』の要約&書評【文章力強化はコスパ最強の自己投資】

Blog&Affiliate

『人を操る禁断の文章術』ってずいぶん刺激的なタイトルだけど、どんなことが書いてあんの?

文章術ってなんだか難しそうだけど、実際のとこはどうなん?

↑のような疑問にお答えすべく、本記事には『人を操る禁断の文章術』の要点をまとめています。

要約ついでに書評もつけておきましたので、購入を検討してる方、要点だけ知りたい方はぜひお役立てください。

『人を操る禁断の文章術』の概要

『人を操る禁断の文章術』はメンタリストDaiGoさんの著書。ブロガー、アフィリエイター、webライター界隈で推薦図書として推す人も多い1冊です。

本書では文章が持つ強力なパワーについて触れつつ、

  • 伝わる文章を書くコツ
  • 人を動かす7つのトリガー
  • 刺さる文章を書く5つのテクニック

といった人を動かす文章を書く実践的なノウハウがまとめられいます。

広告業・執筆業だけでなく、ビジネスメールや日常会話にも応用できるテクニックも豊富です。文章に直接関係ない仕事をされている方でも自己成長に役立てることができます。

『人を操る禁断の文章術』の要約まとめ

てことで、続いては『人を操る禁断の文章術』の要点をまとめていきます。

文章力の強化はコスパ抜群の自己投資である

本書の冒頭で述べられているのは文章の持つ力。文章力の強化はコスパ抜群の自己投資だよってことです。

文章は一度書いてしまえば半永久的に働いてくれますし、ノウハウを共有することも可能。身振り手振りや声のトーンまで気にしなくてはならない会話とは違い、言葉にだけ気を配っておけば良いので相手のイメージを操作しやすいという利点もあります。

つまり、人の心を揺らす文章術を習得すれば、仕事にも私生活にも役立つ一生モノのスキルとなるのです。

伝わらない文章から脱却しよう

文章を書くうえで最も避けたいのは、要点が「伝わらない」こと。結局何が言いたいかわからない文章は、読者にストレスを与えるだけです。

言いたいことがスッと伝わる文章を書くための3原則が↓。

  • あれこれ書かない
  • きれいに書かない
  • 自分で書かない

まあ、簡単にいえば伝えたいメッセージを絞って、読み手の気持ちを想像しながら書きましょうってことです。

いろんな情報を盛り込みたい気持ちはわかりますが、情報の渋滞が起きてしまっては最悪。文章の設計段階で贅肉を落としておきましょう。

詳しく知りたい方は以下の記事にてどうぞ♪

引き金(トリガー)を使って行動させる

スッキリ伝わる文章が書けるようになった後に目指すべきは、相手の心を動かして行動を促すこと。

読者の心を掴み、行動させるための7つのトリガーが以下です。

  1. 興味
  2. ホンネとタテマエ
  3. 悩み
  4. ソン・トク
  5. みんな一緒
  6. 認められたい
  7. あなただけの

上記を全部解説しだすと長くなっちゃうので、セールスライティングの重要ポイントを以下の記事にまとめました。

情報ソースは『人を操る文章術』だけではないですが、人を動かすトリガーについて理解できる1本に仕上げています。

心を揺らす文章構成のコツ

人を動かすためには、ピンポイントで引き金を利用するだけでなく、文章全体の流れを整えてあげるのも重要です。

全体の流れとして意識すべきなのは、読者の「希望」と「絶望」のバランス。感情の起伏が激しくなれば、人の行動は引き出しやすくなります。

朗報→悲報→朗報といった感じで記事全体に起伏を作ってあげるのが有効です。

詳細は以下の記事にまとめています。

『人を操る禁断の文章術』の書評・レビュー

論理的な文章→人を動かす文章へのステップアップが必要

webライター として、物書きとしてのステップアップのためには

  • 特定ジャンルでの専門性を高める
  • 人を動かす文章(セールスライティング)を身に着ける
  • ブログやSNS等で自分の権威性を磨く

といった方向に努力するのが定石。なかでもセールスライティングはどんなビジネスにも転用できる素晴らしいスキルです。

文章で荒稼ぎするアフィリエイターさんなんかは、売れる文章を書ける人材としてアフィリエイト以外の分野でも需要が高いと思います。

副業解禁の流れが加速するに伴い、今後はwebライターが増えてくることが予想されます。なるべく早いうちに希少価値(自分の色)を出していけるよう訓練せねば!と感じました。

構成・推敲パートでテクニックを使うべし

『人を操る禁断の文章術』には、読者を動かすための具体的なテクニックが詰め込まれています。しかしながら、本文を書きながらセールスライティングのテクニックを使っていくのは結構な難しさです。

なので、自分にも使えそうなテクニックをメモっておいて、文章の推敲時に取り入れていくことから始めるのが良さげ。文章のスパイスとして、少しずつ取り入れていこうと思います。

「策士、策におぼれる」状態には要注意

「策士、策に溺れる」という言葉があるように、テクニックに溺れすぎるのも良くありません。

ビジネスの本質は価値提供であり、顧客への愛があるか?は重要なポイント。キレイごとかもしれませんが、個人的には顧客への愛は大事にしたいと考えています。

『人を操る禁断の文章術』のテクニックは実践的かつ強力だからこそ、使い所を誤ると自分の信頼が地に堕ちるってことを心得ておかなければなりません。

性根が腐ってるヤツは結局何をやってもしっぺ返しを食らいます。そのことを肝に銘じながらセールスライティングの訓練をしていこうと思った次第です。

『人を操る禁断の文章術』のおすすめ関連書籍

てなわけで、『人を操る禁断の文章術』の要約&書評は以上です!最後に本書のおすすめ関連書籍をまとめておきますので、興味のある方はぜひ読んでみてください。

おすすめ本①セールスライティングハンドブック

言わずとしれたセールスライティング本の金字塔です。幅広い実例とともに売れるコピーを書くためのノウハウが詰まっています。

おすすめ本②10倍売れるWebコピーライティング

売れるLP(ランディングページ)を作るノウハウがまとめられた1冊。セールスライティングの型をより深く学ぶことができます。

おすすめ本③共感SNS

短文で読者に刺さる発信法を学べる一冊。また、短文の集まりであるアカウント全体でファンを獲得していく方法もまとまっているので、これからの時代に必読本といえます。

タイトルとURLをコピーしました