スポンサーリンク

今日も今日とて子タチウオ@博多湾・箱崎ふ頭 2020.3.23

Fishing

どもっす!アツオです!

少しずつ暖かくなってきて、そろそろ博多湾のアジも釣れちゃうかな〜なんて思いながら箱崎ふ頭に行ってきますた。

が、、、タイトルの通り今日も今日とて子タチウオが乱舞という結果に…w。まったくサーベル君たちの元気が良すぎるのもいかがなものかと…。

とか偉そうなこと言いつつも、やっぱライトゲームおもろ!ってことで今回の釣りを記録しておきやす。

箱崎ふ頭の奥まったところにエントリー!

さてさて、今回の釣り場は博多湾の箱崎ふ頭。なかなか広くて釣りができるポイントも多いエリアですが、今回は奥まったところにエントリーです。

鉄板なとこ

常夜灯も煌々と明るいし、車を横付けできるお手軽人気スポッツです。最奥にあったオレンジのぷかぷか浮かぶやつがなくなってる〜なんて思いながら、とりあえず正面にキャスト!

ジグヘッドはアジスタ(S)0.8g、ワームはアジアダーのチャート系です。

とりま5カウント入れて、「トゥイッチ→ゆっくりロッドをさびく」を繰り返します。もう少しで満潮という時間帯でしたが、ゆるく右から左へ流れている模様。

レンジキープしつつ引っ張ってくると、手前の明暗あたりで「コツコツッ」という小タチウオの歯がジグヘッドの頭に当たるような感触が…。軽くラインを張ってアワセるも乗りません。

今日も子タチウオは元気だな〜。なんて思いながら回収して潮上へキャストします。ゆる〜く流しながら引っ張ってくると、明暗のあたりで「ググッ」。

ラインを張るとしっかり乗っているようでグリグリ巻いてきます。最初だけ暴れてあとは大人しいという、いつもの感じで上がってきたのは…??

こいつはもうええって…w

予想通りのチビタチちゃんw。やはり今日も安定のこいつらですよ。

パターンを変えてみるも…

タチウオじゃなくてアジが入ってるか?を調査に来たので、タチが釣れたレンジを外しながら探っていきます。

  • 10カウント→タチ
  • 15カウント→タチ
  • 20カウント〜→反応なし
  • ド表層→タチ

って感じでタチウオの守備範囲広すぎワロタ…。どのタナを通してもタチの猛攻にあう様相。年始からひたすら釣れ続いてますが、どんだけいるんでしょ。

満潮を迎えて潮がストップ!

流れがゆるゆるになってきたので、アジスタ(S)0.4gに落としてド表層をふわふわさせてゆきます。ワームはジュニアのあからめ。

ワームのサイズを落として探るも、釣れるのはやはりコイツ。

サーベル氏が元気よす

なんとか別の魚(できればアジ)を釣りたいので、今度は探れていないエリアまで遠投することに。ジグヘッドをアジスタ1.5g、ワームをスパテラ2.5インチ(チャートグロー)って感じで思いっきりパターンを変えても釣れるのはタチウオ。

子タチは口がちっちゃいので5バイト1キャッチぐらいのペースなんですが、1時間強で10匹?ぐらいキャッチできる感じ。子タチの唐揚げは美味いんですがとっくに食べ飽きてるので、今日も全員リリースです。

奴らの元気良さに屈服して納竿としました。

子タチが食いてぇ!!って方は、1g前後のジグヘッドに適当なワームをつけて放り投げてみてください。まだまだ釣れまっせ〜。

ってことで、また次回の釣行レポートでお会いしましょう♪ばいちゃ〜。

今回の釣行で使用したタックル

ロッド:34「アドバンスメント DFR511」

リール:ダイワ「18カルディアLT1000S-P」

ライン:34「ピンキー0.2号」

リーダー:ラパラ「ラピノヴァ フロロカーボンショックリーダー 0.8号(3lb)」

タイトルとURLをコピーしました