スポンサーリンク

ライトゲーム五目@志賀島【福岡市東区の釣り・釣果情報】2019.10.15

Fishing
アツオ
アツオ

どうも!福岡在住の釣り中毒者アツオです。

今回は志賀島でアジングもとい、ライトゲーム五目釣りをしてきました!

本命のアジには出会えませんでしたが、いろんな魚が遊んでくれましたよ。

ポイントの情報をまとめましたので、よかったらお役立てくださいませ~♪

ライトゲーム五目釣り@志賀島

「ライトゲーム五目」なんてカッコつけましたが、本当はアジングがしたかったのです。

とりあえずコンディションは⇩のような感じです!

志賀島ライトゲームのコンディション

 

  • 釣行日:2019年10月15日(火)大潮
  • 釣行時間:6時〜9時
  • 満潮:4時19分
  • 干潮:10時39分
  • 風:微風→強風

まずは弘漁港で釣り

まずは志賀島の内海側にある「弘漁港」でスタート!

堤防の外側にはアオリイカやサゴシを狙う方が結構入ってましたので、港内を攻めることに。

この辺りから打っていきました。

デイゲームのセオリーであるシェード&ボトムを攻めますが、生命反応はなし!

エリアを移動です。

次は↑のあたりの船の影をちょこちょこズレながら打っていきます。

着底させてトゥイッチ→カーブフォールで「ブルン!」

ワームの尻尾をくわえて引っ張るようなアタリがありました。

アツオ
アツオ

アジでないことは確かだけど、何がアタックしているのか見たい!

もう一度、同じところへキャストしてトゥイッチ→カーブフォール。

「ブルン!」→「ビシッ!」。

ようし!乗りました。何が上がってくるのかな~?と思って上げてみると…

チビマダイちゃん出現。

かわいいマダイの幼魚でした。

ちなみにジグヘッドは「34ストリームヘッド1g」、ワームは「34タープルあまがえる」です。

この後、同じところに投げると同様のアタリがありましたが、タープルの下半分が食いちぎられました。

こんな時は、耐久性の高いママワーム!他のワームと比べて圧倒的にちぎれづらい!

歯がある魚がワームをつついてくる釣り場でワームを食いちぎられてイライラしそうなときは、これ一択です。

一軍ワームではないのですが、タフな(フグとかが多い)フィールドで重宝するので忍ばせてます。

ママワームに変えた直後にもう一発!

若干のサイズアップ。

極細の5.1フィートロッドを使っていることに加え、お子ちゃまとはいえマダイ。

意外と引くので楽しめます。

からの同じところでもう一匹。

フエダイ系の幼魚?なんかよくわかりませんが、ターゲットはあくまでもアジ。

弘漁港には見切りをつけ、東波止へ移動です。

東波止へ移動

東波止に移動してきました。

外向きの波止の先端は通称「赤灯台」と呼ばれる超有名エギングスポットです。

ただ、今日はアジングもとい、ライトゲーム五目なので赤灯台近辺はスルー。

アジが溜まりそうな所を打っていきます。

まずは、潮のどん詰まりポイント

まずは潮がどん詰まるエリアから攻めていきます。

着底させてのトゥイッチ→カーブフォールです。

ここでも何か当たってきます。数回のアタリにアワセを入れ続けると…

また、よくわからない幼魚。とりあえず「〇〇ダイ」ってつきそう。

ジグヘッド&ワームは変わらずです。

コツコツ当たるのですが、チビ助なのでなかなか乗らない。

でも、チビ助をなんとかして釣り上げるための攻防も嫌いじゃありません。

シェイクで誘って、静止!すると、コツン!

上がってきたのは…?

イサキの幼魚?がっちり上アゴにフッキング!

チビ助の相手をしていると、アワセの練習になりますね。

とはいえ、もうちょっと手応えのあるヤツが釣りたいので移動です。

少し流れの効くエリアへ

港内に入ってくる潮の流れが効くエリアに移動です。

このエリアでもアタリがあります。

ボトムではなく10カウント入れたあたりでプルプルと当たる感じ。

アワセても乗らないので、あえてアワセをいれずに送り込むイメージでやってると…

メバルでした。

かわいいサイズですが、元気がありました。

この後、堤防の際を狙っていると…

ハタ系の幼魚?クエかな?果敢にアタックしてきました。

この時間帯になると、強風というより爆風といった感じになってきたので納竿。

船道あたりも探りたいところでしたが、またの機会にしておきます。

今回使用したタックル@志賀島五目ライトゲーム

★ロッド:タカミヤ REALMETHOD AJING-GRII 510S

釣具のポイントのPB。ジグ単に特化したショートロッドを使ってます。

★リール:ダイワ(Daiwa) 18カルディア LT 1000S-P

★ライン:エステル 0.3号

★ショックリーダー:フロロカーボン 2lb

★ジグヘッド:1g

★ワーム:1.6~1.8インチ

誰かが遊んでくれる志賀島。よかばい!

今回の志賀島釣行では本命のアジに出会うことはできませんでしたが、いろんなチビ助が遊んでくれてそれなりに楽しむことができました♪

魚影の薄い博多湾だとアジの回遊がなければボウズになることも多いですが、志賀島はそれがあまりないので良いっすね。

常夜灯についていたアジの残りがいたり、新たな群れの回遊があったりすれば、もっと楽しめたのですが…。

こればっかりは自然相手なので、こっちではコントロールできませんからね。

アジを釣るのはまたの機会にとっておくことにしましょう。

アツオ
アツオ

ではまた♪

タイトルとURLをコピーしました