スポンサーリンク

『なぜかうまくいく人のすごい無意識』の要約&書評【メタ無意識を書き換えよ】

Life Hack

『なぜかうまくいく人のすごい無意識』ってどんな内容?

買おうか迷ってるけど、いまの自分の役に立つ本なのかな?

↑のような疑問に応えしていきます。

本記事には『なぜかうまくいく人のすごい無意識』を要約しつつ、完読しての個人的な感想や学びをまとめました。

要点をギュギュっとまとめていますので、購入しようか迷っている方、買うほどではないけど内容が気になっていた方はぜひお役立てください。

『なぜかうまくいく人のすごい無意識』の概要

『なぜかうまくいく人のすごい無意識』に書いてあるのは、心の奥の「なんとなく」をコントロールする方法です。

  • ビジネスがうまくいかない…
  • 年収が上がらない…
  • 恋愛、結婚生活がうまくいかない…

などなど、一見無関係に見える人生の悩みを解決するカギとなる「メタ無意識」に秘密が解き明かされています。

本書の大まかな流れは↓

目次
  • 第1章 なぜかうまくいかないーーその原因「メタ無意識」とは?
  • 第2章 自分の「無意識のクセ」を知る14のパターン
  • 第3章 うまくいかない真犯人「メタ無意識」を書き換える
  • 第4章 潜在意識を思い通りにコントロールするすごい方法
  • 第5章 あなたの人生をあやつる「言語」と「脳のパターン」の新常識
  • 本書のキーワードである「メタ無意識」とはなにか?
  • 「メタ無意識」の良い状態、悪い状態

についての解説の後に、メタ無意識を書き換える方法が述べられるといった構成となっています。

『なぜかうまくいく人のすごい無意識』の要約

続いては、『なぜかうまくいく人のすごい無意識』の要点をサクッとまとめていきます。

メタ無意識を書き換えれば人生がうまくいく

本書の主張をざっくり一言でいうと

「メタ無意識」を書き換えれば人生がうまくいくぜ!

ってこと。

著者によると「メタ無意識」とは潜在意識のさらに奥深くにあり、潜在意識を入れる器のようなものなんだそうです。

このメタ無意識を上手にコントロールできれば、理想とする自分に近づくやすくなります。

人間は思考パターンに基づいて行動する

メタ無意識は人間の思考パターンに影響を与え、その思考パターンに基づいて人は行動します。

なので思考パターンが好ましい型であれば努力が成果に結びつきやすいです。

一方で、悪い型が癖づいている人はいくら努力しても一向に成果が上がりません。

著者は悪い思考パターンが癖になっている人を「行動のベクトルがバラバラになっている」と表現しています。

努力してもベクトルが揃っていなければ、成功に向かっていくことができません。

逆に思考パターンを整え、ベクトルを揃えてあげると、成功に向かって一直線に進むことができるのです。

脳に望みをつかませる6つのステップ

では思考パターンを整え、ベクトルを揃えるにはどうすればいいのか?

本書の中で紹介されいた「脳に望みをつかませる6つステップ」というワークをご紹介します。

ステップ①:避けたいことを洗い出す

まずは人生において避けたいこと、なりたくない自分を洗い出しましょう。

いわゆる、「やりたくないことリスト」ってやつですね。

あまり深く考えずに

  • 貧乏になりたくない
  • デブになりたくない
  • 病気になりたくない

など、思いつくままに書いてみてください。

ステップ②:正反対の目標を立てる

次に、ステップ①で洗い出した「やりたくないことリスト」の項目をひっくり返して目標を立てましょう。

  • 貧乏になりたくない→お金が欲しい
  • デブになりたくない→やせたい
  • 病気になりたくない→健康にないたい

といった感じです。

このように反対方向の目標が2つある状態を「二重拘束状態(ダブルバインド)」といいます。

あえて自分を「二重拘束状態」に入れることで、目標の方向性をハッキリさせることができるのです。

ステップ③:モデルを見つける

次のステップは「モデルを見つける」ことです。

自分が憧れる人、この人のようなライフスタイルを実現したいと思える人を挙げてみてください。

そして、

  • なぜ、その人に憧れるのか?
  • なぜ、その人のようになりたいのか?

を深掘りしましょう。

そうすることで自分の思考パターンの傾向をつかむことができ、メタ無意識の形が整っていきます。

ステップ④:ステップ③を踏まえて、具体的にこうなりたいと自分に置き換える

次は憧れの人の生き方、考え方に近づくために自分は何をすべきなのか?を考えてみましょう。

そして、憧れの人の状態に近づいた10年後、20年後に自分がどんな生活を送っているのか、リアルに想像してみてください

  • オフィスはどんな様子か?
  • いくらの貯蓄があるか?
  • 交友関係はどうなっているか?
  • どんな行動やふるまいをしているか?
  • どんなスキルや価値観、信念を持っているか?

など、できる限り細かく洗い出すのがポイントです。

ステップ⑤:「もっと」「さらに」を使って目標の表現を発展させていく

憧れの人に近づいた自分がリアルに想像できたら、「さらに」という言葉を使って目標の表現をカスタマイズしていきます。

「さらに」という言葉を用いるのは、現状を肯定するためです。

例えば「売上を増やしたい」という目標を立てた場合、「今は足りていない」という前提が入り、自己肯定感が下がってしまいます。

「健康になりたい」という目標なら、「いまは健康でない」という前提です。

脳はこの「前提」を現実化しようとする習性があるので、そもそもの前提がネガティブだと、努力をしても良い方向に転がっていきません。

なので、

  • 今でも十分な売上があるけど、さらに売上を増やしたい
  • もともと健康だけど、もっと健康になりたい

といったように「前提」をポジティブなものに書き換えてあげる必要があるのです。

ステップ⑥:望ましい状態を達成しているかのように振る舞う

最後のステップは、望ましい状態を達成しているかのように振る舞うこと。

望ましい自分になったという前提でスケジュールを組み、理想の自分になりきって過ごすのです。

脳は身体の動きを見て信じ込みを作っていきます。

理想の自分になりきって行動しまくれば、

脳

いままでの信じ込みは間違っていたぜ。できる自分が持つ信じ込みに書き換えとこ!

となり、どんどん目標達成に近づいていくというわけです。

『なぜかうまくいく人のすごい無意識』の要約の要約

ということで、本書の要約の内容をさらにギュッとまとめておきますね。

人は生きていく中で形成された思考パターンに基づいて行動します。

この思考パターン、つまり「メタ無意識」を書き換えることで行動のベクトルが揃い、理想の自分にどんどん近づいていくことができるのです。

思考と行動のベクトルを揃えるには、「脳に望みをつかませる6つのステップ」を実践してみるのがおすすめ。

脳に望みをつかませる6つのステップ
  1. 避けたいことを洗い出す
  2. ステップ①の正反対の目標を立てる
  3. モデルを見つける
  4. ステップ③を踏まえて、具体的にこうなりたいと自分に置き換える
  5. 「もっと」「さらに」を使って目標の表現を発展させていく
  6. 望ましい状態を達成しているかのようにふるまう

ぜひ試してみてください。

『なぜかうまくいく人のすごい無意識』の書評&レビュー

つづいては、『なぜかうまくいく人のすごい無意識』の感想や本からの学びをまとめておきます。

正直、もう少し具体的なアクションを提示して欲しかった…

『なぜかうまくいく人のすごい無意識』全体を通しての感想をぶっちゃけますと、もう少し具体的なアクションを提示して欲しかった…というのが正直なところです。

成功できない人は〇〇な思考パターンを持っている、だから△△と意識するよう心がけましょう。

のような、言ってることはわかるけど実践しにくい内容が多かった印象です。

心理学や脳の仕組みの勉強にはなるのですが、自分の具体的なアクションまで落とし込める内容が薄め。

超具体的なアクションまで解説してくれるメンタリストDaiGoさんの本ばかり読んでいるからってのもあるかもですが、内容に少し物足りなさを感じました。

潜在意識のベクトルを合わせる重要性を理解できた

しかしながら、要約でもご紹介した「脳に望みをつかませる6つのステップ」については、超具体的で目からウロコでした。

考えが煮詰まっちゃって結局手が止まり、「んあ〜〜〜!!!」ってなる、いわゆる思考のベクトルが揃っていない状態はぼくもよく陥っていました。

6つのステップを実際に試してみると思考が整理され、頭の中のモヤモヤが結構改善されています。

少しは思考パターンが書き換わったのかもしれません。

「向上心はあるけど、やりたいことが見つからない…」という方におすすめ!

本書は「成功者になりたい!」と漠然と思っているものの、

  • 実際にどんな自分にないたいのか?
  • 理想の自分に近づくために必要な思考や行動は何か?

が具体的にイメージできず、いつもモヤモヤを抱えている方におすすめです。

要約パートでは割愛しましたが「脳に望みをつかませる6つのステップ」以外にも

  • うまくいく人の14の成功脳パターン
  • 貧困脳とミリオネア脳の違い
  • 潜在意識をコントロールするコツ

といった内容もあり、それらも興味深かったです。

リアルで成功者を多くみてきた著者だからこその視点や実例も学ぶことができ、その点もかなり有益。

興味のある方はぜひ読んでみてください。

『なぜかうまくいく人のすごい無意識』のおすすめ関連書籍

ついでに『なぜかうまくいく人のすごい無意識』と併せて読むと効果的な本もご紹介しておきますね。

おすすめ本①『神メンタル』

目標を達成できないのは忘れてしまうからだ!という主張のもと、目標を達成できる人になるためのメンタル管理法がまとめられています。

今すぐ実行できる具体的なアクションが豊富なので、たくさんのヒントを掴むことができますよ!

『神メンタル』の要約記事

おすすめ本②『前祝いの法則』

全世界の成功者が実践している「前祝い(予祝)」という儀式のやり方や効能がまとめられています。

先に目標を達成した状態を味わってから行動すると、成功する確率がグンと跳ね上がるぜ!ってゆう内容がハイテンションで記してある1冊です。

タイトルとURLをコピーしました