スポンサーリンク

あなたは大丈夫?伝わらない文章にありがちな2つの特徴【脱却法も解説】

Blog&Affiliate

頑張ってブログを書いてるけど、読まれなさすぎてやばいんだが…。自分の文章が雑魚すぎて、マジ萎える。

でも、どうにか改善する方法はあるはず!ワイはいったい何をしたらいいんだ?

↑のような悩みを持つ方のために、「伝わらない」文章を「伝わる」文章に変えるヒントをご紹介していきます。

もちろん、文章ってのは奥が深くて、ちょっと知識を仕入れたからといって劇的に変わるようなものではありません。でも、コツを意識して書き続ければ上達のスピードは早くなります。

そこで本記事では、ご自身の文章への不安を少しでも拭えるよう

  • 伝わらない文章にありがちな2つの特徴
  • 「伝わらない」→「伝わる」に変えるための3つのポイント

という内容で「伝わる文章」を書くコツをまとめていきます。文章の質を高めて仕事や私生活を快適にするために、ぜひお役立てください。

要注意!伝わらない文章にありがちな2つの特徴

伝わらない文章、何が言いたいかわからない文章、読みづらい文章には共通点があります。それは↓の2つです。

  1. 情報を詰め込みすぎ
  2. かしこまりすぎ

特徴①情報を詰め込みすぎ

1つ目の特徴は「情報の詰め込みすぎ」。文章全体の情報量が多すぎて、結局何が言いたいのかわからないパターンです。

書き手が主張を整理せず、何でもかんでも詰め込もうとすれば、話があっちこっちに脱線します。熱意があるからこそたくさんの情報を詰め込んでいると思うんですが、読者は結局どんな行動をとればいいのかわからない…という残念な感じになっちゃうのです。

必要な情報を厳選した結果の長文ならいいですが、深く考えずに情報を詰め込んだだけの長文は最悪です。読む前に伝えたいことをしっかり精査しましょう。

特徴②かしこまりすぎ

2つ目の特徴は「かしこまりすぎ」。丁寧に書こうとするあまり、かたっ苦しい文章ができあがっているパターンです。

書き手の「かたさ」は文章に現れます。美しい文章を書こうとか、洗練された表現を使おう。みたいな見栄は文章をマズくするだけ。

話し言葉でかまわねぇ。美しい日本語なんてクソくらえ!というスタンスでOKです。自然体で書いた文章のほうが読者に違和感を与えづらくなります。

「伝わらない文章」を「伝わる文章」に変える3つのポイント

では実際に「伝わらない文章」から脱却するにはどうしたらいいのか?これから、具体的な対策を解説していきます。「伝わらない」文章→「伝わる」文章に変えるためのポイントは↓の3点。

  1. ワンメッセージ・ワンアウトカム
  2. たった1人の読者に向けて書く
  3. 肩の力を抜いて自分の言葉で書く

ポイント①ワンメッセージ・ワンアウトカム

ワンメッセージ・ワンアウトカムとは、文章に込めるメッセージをひとつに絞ること。読者のためを思ってたくさんの情報を詰め込みたいという気持ちはわかりますが、主張が多すぎると結局何が言いたいかわからない文章が出来上がってしまいます。

文章をスッキリとわかりやすくするために大事なのは先にゴールを決めておくこと。読了後に読者が何を得て、どんな気持ちになっているか?を文章を書く前に決めておきましょう。

例えば本記事なら

伝わる文章を書くために意識すべきポイントがわかって、超スッキリしたぁ〜!今この瞬間から「伝わる文章」が書ける気がしてならねぇ!試しにちょっくら記事書いてみよかな。

って状態に持っていきたいです。(ついでに言えば、記事の最後に紹介する参考文献が売れたら尚更ハッピー。)

とにもかくにも、文章を書く前に

  • 自分が最終的に伝えたいこと(1つ)
  • 読者にとってほしい行動

を決めておくってのがキモなんですわ。

ポイント②たった1人の読者に向けて書く

当たり前ですが文章には読者がいて、読者の性格や知識レベルにはバラつきがあります。なのに、文章を書いてるときって目の前の言葉に集中しすぎて読者がいることを忘れちゃうんです。

その結果、誰に何を言いたいのかわからない「ありきたりな文章」もしくは、読者の目線に合わない「自己満な文章」が出来上がってしまいます。

大勢に向けて書いた文章は誰にも刺さらない。でも、誰か1人に向けて書いた文章は大勢の人に刺さる。これは文章の不思議なところです。みんなに向けて書くのではなく、目の前の1人に向かって全力投球してみましょう。

でも、実際「たった1人に向けて書く」ってどうやったらいんだよ。

って感じたと思うので、具体的な対策を一つご紹介しておきます。それは「付箋を用意して想定読者の情報をできる限り細かく書き込み、目につく場所に貼っておく。」というやり方。

この記事でいえば

  • ブログを立ち上げて3ヶ月が経った20代前半の男性副業ブロガー。
  • 計30記事ぐらいになってアナリティクスを見始めたけど、読まれなさすぎて萎えてる。
  • やっぱ俺の文章力終わってるわ。
  • でも、何かしら解決の糸口はあるはずだ。とりまググってみよ。

と思っている方のヒントになるよう意識して書いています。

できる限り詳しく読者のことを想像して、言語化。それを付箋に書き込んで目に入る場所に貼っつけ、チラチラ確認しながら書けば、読者忘れちゃう問題は割と改善できますよ。

ポイント③肩の力を抜いて自分の言葉で書こう

3つ目のポイントは肩の力を抜くこと。

  • 美しい日本語を書きたい
  • 知的だと思われたい

みたいなショボいプライドや謎に発揮される完璧主義は、クソ記事を生む元凶となります。難しい言葉を使う必要なんてどこにもないし、普段の話し言葉でぜんぜんOK。

使い慣れた言葉の方が書き手の感情も入りますし、読者にも刺さりやすくなります。肩ヒジを張らず、気楽に書くってのも意外に大事なポイントなんですよ。

ちなみに完璧主義の撃退法は↓の記事で詳しく解説していますので、よかったらコチラもどぞ。

3つのポイントを意識して「伝わらない」文章から脱却しよう!

ということで、最後にこの記事のポイントをギュッとまとめておきます。

伝わらない文章にありがちな2つの特徴は、「情報のつめこみすぎ」「かしこまりすぎ」です。

伝わらない→伝わるに変えるための3つのポイント
  1. ワンメッセージ・ワンアウトカム
  2. たった1人の読者に向けて書く
  3. 肩の力を抜いて自分の言葉で書く

まずは上記を意識してみると、あなたの文章はスッキリと伝わりやすくなります。ぜひ、できそうなことから試してみてください。

ちなみに、伝わらない文章から脱却するには以下の本を読んでみるのもおすすめ!

「人の心を揺さぶる文章」を書くテクニックがギュッと詰まっています。今すぐに実践できるノウハウも多く、いろんなブロガーさん・ライターさんがこぞっておすすめする超良書です。一度は読んでおくことをおすすめします。

アツオ
アツオ

てことで今回は以上です!よかったら関連記事もどぞ♪

コメント

  1. […] あなたは大丈夫?伝わらない文章にありがちな2つの特徴【脱却法も解説】自分の文章ってホントに伝わってるの…?まじで自信ないんだが…。という方のために、伝わらない文章にあり […]

タイトルとURLをコピーしました