スポンサーリンク

わかりやすいリード文の書き方【専業webライターが5つの手順で解説】

Web Writer
アツオ
アツオ

どうも!専業webライターとして生計を立てているアツオです。

リード文に何を書いたら良いのかわからず、いつもつまづいてしまう…。サクッと書き上げるコツはないのかな~?

webライター初心者にとって、リード文(導入文)って結構難しいんですよね。

クライアントさんからも「読者に刺さる導入をお願いします。」なんて言われるもんだから、変に緊張しちゃいますし…。

ぼくもwebライターを始めたばかりの頃は、よく悩んだものです。

もちろん今でもリード文で悩むことはありますが、

  • リード文の目的
  • リード文に必要な情報

を意識するようになってからは、かなりスムーズに書けるようになりました。

ということで、この記事ではwebライター初心者の方に向けて、わかりやすいリード文を書くコツを解説していきます。ぜひ、お役立てください。

この記事を読むメリット

  • リード文の目的がわかる
  • 【5つの手順】に沿ってわかりやすいリード文が書けるようになる
  • リード文を書く時の力みが消える

なぜ、リード文が必要なのか?目的を意識しよう

わかりやすいリード文を書くためには、「なぜ、リード文が必要なのか?」を意識しなければなりません。

ド文を書く目的は、「読者に記事を完読してもらうため」です。

身銭を切って購入する本は、読む前にお金を払っているので、読者は少々わかりづらい点があっても読み進めます。(「もったいない」という心理が働きますからね。)

しかし、web記事は無料で読めるものがほどんどですので、記事の冒頭がイマイチわかりづらいと、すぐに読者が離脱してしまうのです。

読者の離脱を防ぐためにも、リード文を使って読者に記事の全体像を把握してもらわなければなりません。

リード文に必要なのは、問題と解決策の提示

web記事は検索からの流入がメインです。

つまり、読者はなんらかの疑問や悩みを持って、あなたが書いた記事を開きます。

なので、ページの冒頭のリード文に必要な項目は以下の2点。

  • 【問題】→記事を開いた読者の疑問・悩み
  • 【解決策】→記事を読めば、こんな風に問題を解決できるよ

読者が抱える「問題」と「解決策」をセットで提示してあげると、本文を読んでもらえる可能性が高まるのです。

わかりやすいリード文の書き方【5つの手順】

では、問題と解決策を提示して、わかりやすいリード文を書くにはどうすれば良いのか?

ここからは、その書き方を以下の5つの手順で解説していきます。

  1. 挨拶・つかみ
  2. 読者の疑問・悩みを見える化
  3. 疑問・悩みに共感する
  4. 記事を読むことのメリットを提示
  5. 記事の信頼性を担保

①挨拶・つかみ

まずは、「挨拶・つかみ」です。

この記事でいえば、

アツオ
アツオ

どうも!専業webライターとして生計を立てているアツオです。

↑の部分が該当します。

ブログや記名記事の場合は、「どうも!〇〇です。」「こんにちは!〇〇です。」といった自己紹介でOK。

書き手としての自己紹介が不要な案件なら、

  • webライター初心者がつまづきやすいリード文。自分なりの書き方は見つかりましたか?
  • ライターなら誰もが悩むリード文。ちょっとしたコツを掴めば、とてもスムーズに書くことができるんです。

といったように、本文の内容を匂わせる一文を入れると良いでしょう。

②読者の疑問・悩みを見える化

挨拶・つかみが済んだら、読者の疑問・悩みを見える化してあげましょう。

この記事でいえば、↓の部分です。

リード文に何を書いたら良いのかわからず、いつもつまづいてしまう…。サクッと書き上げるコツはないのかな~?

記事を訪れた読者が抱える疑問や悩みを代弁してあげることで、「そうそう。そうなんだよ!」と読者を引き込むことができます。

執筆前のリサーチの段階で、想定される読者(ペルソナ)と、読者が抱える悩みを意識しておくと、よりスムーズにリード文を書き進めることができます。

アツオ
アツオ

ちなみに、執筆前のリサーチのコツは以下の記事でがっつりと解説していますので、良かったらご覧ください。

webライターの執筆スピードを上げるリサーチ方法【情報収集を効率化】
webライター を始めてみたけど、記事を書くのが遅くて効率よく稼げない。 どうやったら、も...

③疑問・悩みに共感する

読者の疑問・悩みを見える化した後は、それに共感する一文を加えましょう。

  • 「こんなことで悩んでませんか?」←疑問・悩みの見える化
  • 「その気持ち、わかります。だって以前のぼくもそうでしたから。」←共感

↑のようなイメージです。

人間には「共通点がある相手に好意を持ちやすい」という特性があります。

書き手が自分の悩みについて理解してくれている!とわかれば、一気に読者との距離を縮めることができるです。

この記事でいえば、

webライター初心者にとって、リード文(導入文)って結構難しいんですよね。

クライアントさんからも「読者に刺さる導入をお願いします。」なんて言われるもんだから、変に緊張しちゃいますし…。

ぼくもwebライターを始めたばかりの頃は、よく悩んだものです。

の部分が「共感」フェーズに該当します。

自分が過去に悩んだ経緯を具体的に書くことで、同じ境遇の読者に刺さる文章となるのです。(…と思って書きましたw)

④記事を読むことのメリットを提示

疑問・悩みを見える化して、共感した後には、記事を読むことのメリットを提示しましょう。

  • 読者に記事の概要をざっくりと理解してもらうこと
  • 記事を読んで悩みが解決した自分をイメージしてもらうこと

を意識して、読む前から問題が解決した後のスッキリ感を鮮明にイメージしてもらえるとGoodです。

この記事でいえば、以下の部分が「メリットの提示」に該当します。

もちろん今でもリード文で悩むことはありますが、

  • リード文の目的
  • リード文に必要な情報

を意識するようになってからは、かなりスムーズに書けるようになりました。

ということで、この記事ではwebライター初心者の方に向けて、わかりやすいリード文を書くコツを解説していきます。ぜひ、お役立てください。

この記事を読むメリット

  • リード文の目的がわかる
  • 【5つの手順】に沿ってわかりやすいリード文が書けるようになる
  • リード文を書く時の力みが消える

「この記事を読めば、わかりやすいリード文が書けるようになりますよ」ということを、なるべく具体的にイメージしてもらえるよう工夫しています。

⑤記事の信頼性を担保

手順⑤「記事の信頼性を担保」は、いわゆる「権威性」ってやつです。

こんな人が記事を書いてるから、記事の内容を信頼できますよ!とアピールすること。

ただ、この部分はいきり立って書かなくてもOKです。

ぼくも自分語りをゴリゴリいくのは苦手なので、冒頭のあいさつや文中に権威性を匂わす程度にとどめています。

この記事でいえば

どうも、専業ライターとして生計を立てているアツオです。

(中略)

もちろん今でもリード文で悩むことはありますが、

  • リード文の目的
  • リード文に必要な情報

を意識するようになってからは、かなりスムーズに書けるようになりました

ピンクのアンダーラインの箇所に権威性を匂わせています。

アツオ
アツオ

うざくない程度に自分の実績を最大限アピールできれば最高ですが、書きすぎると痛いです。

その辺のバランスをうま~く取れるようになっていきたいな。と思ってる次第でありますw。

「刺さるリード文を書こう!」と力む必要はありません

ここまで、わかりやすいリード文の書き方を5つの手順で解説してきました。

読み進めて頂けた方の中には、

う~~ん。結構むずいな。やっぱり、自分には刺さるリード文なんて書けないよ…。

と思った方もいらっしゃるかもしれません。

そんな方に一言いいたい。

アツオ
アツオ

刺さるリード文を書こう!と思う必要はありません。

リード文の一番の目的は「記事の概要が理解できること」です。

読者に刺さるに越したことはありませんが、変に力を入れすぎると無駄に長くて結局何が言いたいかわからない本末転倒なリード文ができあがってしまいます。

本記事で挙げた5つのポイント

  1. 挨拶・つかみ
  2. 読者の疑問・悩みを見える化
  3. 疑問・悩みに共感する
  4. 記事を読むことのメリットを提示
  5. 記事の信頼性を担保

を押さえつつ、まずは短くシンプルに書いてみましょう

量をこなせば、読者の疑問・悩みへのアンテナが研ぎ澄まされていき、自然と刺さるリード文が書けるようになっていくものです。

アツオ
アツオ

リード文は記事の概要さえわかればOK!役目を果たせています。

力まずリラックスして書くことは、リード文に限らずwebライティング全般において重要なことです。

楽しみながら量をこなせば自然と上達しますから、焦らず一歩一歩進んでいきましょう!

コメント

  1. […] webライターの執筆スピードを上げるリサーチ方法【情報収集を効率化】 webライター を始めてみたけど、記事を書くのが遅くて効率よく稼げない。 どうやったら、も…sharing-tips.com2019.10.19 【完全版】webライターの記事構成の作り方。誰でもできるコツを凝縮 クライアントさんに、「構成からお願いできませんか?」と言われて、二つ返事でOKしてしまったけど、…sharing-tips.com2019.10.20 わかりやすいリード文の書き方【専業webライターが5つの手順で解説】webラ… […]

タイトルとURLをコピーしました