スポンサーリンク

webライター が記事を早く書く5つのコツ【執筆スピードを上げよう】

Web Writer
アツオ
アツオ

どうも!専業webライター として生計を立てているアツオです。

記事を書くのに時間がかかりすぎてツラい…。もう少し早く書ければ稼げるのにな〜…。

どうやったら執筆スピードが上がるんだろう?

この記事では↑のような疑問にお答えしていきます。

webライター の誰もが抱える課題である「執筆スピード」。記事の質を保ちながらスピードを上げるのって、なかなか難しいですよね。

ぼくもwebライター を始めたばかりの頃は、1時間に300文字しかかけなくて途方に暮れた経験があります。

しかし、今では案件にもよりますが1時間あたり1500〜2000文字ぐらい書けるようになり、スピードの問題もだいぶ改善されました。

そういうわけで本記事では、webライター の執筆スピードを上げる方法・コツを徹底解説していきます。

ぼくが実践してきた工夫を詰め込んでいますので、ぜひお役立てください。

この記事を読むメリット

  • webライター で効率よく稼ぐためにやるべきことがわかる
  • 記事を早く書き上げる方法がわかる

webライター の稼ぎを効率化する2つのアプローチ

webライター の報酬は「文字数×文字単価」で計算することができます。

したがって、効率よく稼ぐためのアプローチは以下の2つ。

  • 短時間でたくさんの文字数を生産できるようになる
  • 文字単価を上げる

記事の執筆スピードは稼ぐ効率に直結!

この記事で取り上げるのは前者。記事の執筆スピードです。

文字単価1円の案件なら

  • 1時間に1000文字書ける→時給1000円相当
  • 1時間に2000文字書ける→時給2000円相当

当然ながら、記事を書くスピードが早ければ早いほど、稼ぐ効率も良くなります。

これからご紹介するのは「記事を早く書くための5つのコツ」です。

ぼくが実践してきた(実践している)内容ですので、再現性は高いと思います。

ぜひ、試してみてください。

ちなみに、稼ぐ効率を上げるためのもうひとつのアプローチ「文字単価の上げ方」については、別記事で詳しく解説しています。

興味のある方はぜひ読んでみてください。

webライター が記事を早く書くための5つのコツ

webライターが記事を早く書くためのコツは以下の5つです。

  1. 知識の深い案件を受ける
  2. 記事制作の作業フローを固定する
  3. リサーチ・構成に時間を割く
  4. 文章の型を使う
  5. タイピングスキルを上げる

①知識の深い案件を受ける

1つ目のコツは知識の深い案件を受けることです。

自分が経験してきたこと、好きで続けていることがテーマの案件なら、デフォルトの状態ですでに知識が備わっています。

リサーチの時間を大幅に削減することができ、効率的です。

ぼくの場合、趣味の釣りやゴルフ、FX関係の案件ならリサーチの必要性が少ないですし、執筆も苦になりません。

また、ネット検索をリライトしたようなコタツ記事にはない深い内容を盛り込むことも可能です。

知識の深い案件を受ければ、記事の執筆スピードでもクオリティーでも有利になります。

②記事制作の作業フローを固定する

2つ目のコツは記事制作の作業フローを固定することです。

フローを固定すると作業時の迷いが無くなり、集中力が上がります。

その結果、記事制作全体のスピードも向上するというわけです。

ぼくの場合、ざっくりと以下の手順で記事を制作しています。

  1. KW選定・リサーチ
  2. 構成
  3. 構成への肉付け
  4. 執筆
  5. 画像挿入
  6. 校正・推敲
  7. 装飾
  8. 納品

各フェーズでやるべきことが明確なので、作業中の迷いがありません。

その結果、一定の執筆スピードとクオリティーを維持できています。

③リサーチ・構成に時間を割く

3つ目のコツはリサーチ・構成に時間を割くこと。

webライター 初心者の方は特にいきなり執筆作業に入りがちですが、それでは逆に効率が悪くなります。まずは、構成を固めてしまいましょう。

リサーチ・構成は記事の目的地と経路を決める作業です。

行き当たりばったりでドライブするよりは、発車する前に経路を確定させた方が目的地に早くたどり着くことができます。

ライティングも同じことで、構成(目的地・経路)を確定させておいた方が、ライティング(ドライブ)の時間を飛躍的に短縮することができるのです。

④文章の型を使う

4つ目のコツは文章の型を使うことです。

文章の型を使えば話が脱線しにくく、必要な情報を短く凝縮して伝えることができます。

その結果、執筆スピードも上がりますし、読者の納得度も高まるというわけです。

PREP(プレップ)法を使おう

web記事に用いるべき型は「PREP(プレップ)法」。PREP法とは、文章やプレゼンで使われるテクニックです。

  • Point:結論・主張
  • Reason:理由
  • Example:具体例
  • Point:結論・主張

P(結論)→R(理由)→E(具体例)→P(結論)の順番で文章を組み立てることで、読み手の納得度を高めることができます。

Point←(強化)←Reason←(強化)←Example

結論に至った理由を話し、その理由の根拠となる具体例を挙げることで、結論と理由の両方が強化されるというカラクリです。

具体例を出すと

  • P:webライター は楽しい
  • R:好きな場所で好きな時間に働ける
  • E:自宅でもいいし、カフェでもいい、眠くなったら寝てもいい
  • P:だから、webライター は楽しい

こんなイメージです。

PREP法は当てはめるだけなので書き手にとっては簡単で、読み手にとってはわかりやすい、ライティングの王道手法となっています。

アウトライナーを活用しよう

PREP法を使って文章を組み立てるときは、アウトライナーと呼ばれるツールを使うのがおすすめです。

アウトライナーとは、階層を整理できるメモ帳のようなイメージ。

ぼくはいつも、「Dynalist(ダイナリスト)」というアウトライナーツールを使って、文章のパーツを整理しています。(以下画像参照)

Dyanalistは無料で使えますし、操作も簡単なので、超おすすめです。

ブラウザ上でも使えますし、アプリをダウンロードして使うこともできます。

⑤タイピングスキルを上げる

5つ目のコツはブラインドタッチを習得して、タイピングスピードを上げること。

タイピングの速さは執筆スピードに直結します。

頭の中では言語化できていても、文字の入力スピードが遅ければ早く書くことはできません。

ブラインドタッチはゲームを使って練習すれば、すぐに上達するのでコツコツ訓練することをおすすめします。

無料のゲームなら、「寿司打」、有料のゲームなら「特打(以下リンク)」がgood!

アツオ
アツオ

ぼくは、たまたま自宅にあった特打がおもしろすぎて熱中し、小学2年生の頃にブラインドタッチを習得しました。

大学のレポートや会社員時代のメール処理、書類作成もサクサクできたので、早めに習得して本当に良かったです。

タイピングスキルへの投資は簡単な割にコスパが良いので、ブラインドタッチができない方はぜひ挑戦してみてください。

執筆スピードをHACKしてwebライター の売上UP!

この記事では、webライター の執筆スピードを上げるコツを5つご紹介してきました。

  1. 知識の深い案件を受ける
  2. 記事制作の作業フローを固定する
  3. リサーチ・構成に時間を割く
  4. 文章の型を使う
  5. タイピングスキルを上げる
アツオ
アツオ

上記の5つのコツを実践していけば、執筆スピードは徐々に早くなっていきます。

最初から早く書ける人なんていませんから、焦らずじっくり訓練していきましょう!

ちなみに、執筆スピードも含めてwebライター の稼ぎを最大化したければ、以下の本に目を通して見るのがおすすめ。

案件の選び方から営業、執筆に到るまで丁寧に解説してあります。

コメント

  1. […] webライター が記事を早く書く5つのコツ【執筆スピードを上げよう】webライターで稼ぐ効率に大きく影響する「執筆スピード」。この記事ではwebライターなら誰もが一度は悩む「記事を […]

タイトルとURLをコピーしました