スポンサーリンク

【受注〜納品】webライターの仕事の流れ【クラウドソーシング】

Web Writer

どうも!webライターとして生計を立てている意志弱めフリーランスのアツオです。

クラウドソーシングでwebライティングの仕事をしてみたいけど、どんな流れなの?めんどくさいのかな〜?

この記事では↑のような疑問にお答えしていきます。

仕事探しと受注、納品までの流れに加え、クライアントから継続的に仕事をもらうためのコツもご紹介していきます。

キヨビン
アツオ

ぼく自身フリーランスとして独立してから1年ほど、クラウドソーシングを中心にwebライティングの仕事を受注して生計を立てています。

未経験の時の記憶も新しいので、これからwebライターを始めようとしているあなたの役に立つ記事に仕上がっていると思います。

webライターの仕事の流れ【クラウドソーシングで受注〜納品まで】

クラウドソーシングでwebライティングの仕事をする場合、受注から納品までの流れは以下の通り。

  1. 案件を探して応募する
  2. サンプル記事やマニュアルを熟読して記事を書く
  3. 見直しをして納品する
  4. クライアントのチェックが入り、要望があれば修正する
  5. 報酬が支払われ、お互いを評価して終了

順番に解説していきますね。

仕事を探して応募する

まずはクラウドソーシングサイトで仕事を探し、できそうなものに応募します。

サイトは案件が豊富な以下の3つがオススメ。

応募する際は募集要項をよく見て、提案文に漏れがないよう気をつけましょう。

提案に問題が無ければ、テストライティングの課題がクライアントから送られてくるという流れになります。

キヨビン
アツオ

大事なのは採否が決まるテストライティングですので、提案文はあまり悩まずにリラックスして書きましょう。

内容に漏れがなければ良いので、提案文にはあまり時間をかけすぎない方がBetterです。

サンプル記事やマニュアルを熟読して記事を書く

テストライティングの課題が送られてきたら、実際に記事を書いていきます。

たいていの場合サンプル記事やマニュアルも一緒に添付されていますので、届いたらすぐに熟読して、納期や記事の雰囲気を確認し、わからないことがあればメモしておきます。

クライアントによってレスポンスの早さはまちまちですので、質問がある場合は早めにメッセージを送るよう心掛けておきましょう。

マニュアルを読み終わえたら早速、情報収集をしながら記事を書いていきましょう。

キヨビン
アツオ

記事を書くうえで一番大事なのはリラックスすること。

「良い文章、うまい文章を書こう」という力みは文章に現れます。

「実力以上の文章は書けないんだから」と良い意味で開き直っちゃいましょう。

ぼくが開き直るきっかけになった記事がコチラ↓

いろいろ考えちゃってブログが書けない…完璧主義者が陥りがちな思考とその解消法 | 自分らしく、楽しく。
ツイッターやブログは「マツオカミキってこんな人だよ」というのを知ってもらって、仕事をもらったり繋がりをつくるために活用しています。 ツイッターもブログも始めてから1年半ぐらい。 しかしちょっと前に2カ月間ほど、何を書けば良いかわからなくなって、ツイートとブログ更新数が激減してしまいました。 「いろいろ考えちゃって書けな...

フリーライターのマツオカミキさんという方が書かれた記事で、完璧主義の無意味さを痛感できます。

今でもたまに読み直すようにしている神記事です。

見直しをして納品する

記事が完成したら見直しをして、誤字脱字や文章表現を直していきましょう。

見直しをするときのポイント

  1. 文章を書き終えてから、少し時間を置く。(書き手から読み手へと頭のスイッチが切り替わるので、ミスや抜け漏れに気づきやすくなります。)
  2. 声に出して読んでみる。(読み味を高めるために有効です。声に出すとリズムの悪い部分を効果的に洗い出せますよ。)

以上のようなポイントに気を付けながら見直しをしたら、記事を納品します。

キヨビン
アツオ

ワードやGoogleドキュメント、ワードプレスへの直接入稿など、納品形式はクライアントによって異なります。

記事制作を受注する前に、確認しておきましょう。

クライアントのチェックが入り、要望があれば修正する

納品した記事はクライアント側でのチェックが行われ、場合によっては修正を依頼されます。

具体的に指摘してくださるクライアントさんがほとんどですが、指示が抽象的でわかりづらい場合もあります。

不明点をあやふやにしていると先方とやりとりする回数が増えますので、かえって非効率です。

わからない点は素直に質問をして、早めに記事の手直しをする前にスッキリさせておきましょう。

報酬が支払われ、お互いを評価して終了

納品した記事に対してクライアントの承認を得られれば、報酬が支払われます。

その後は、ワーカーとクライアントがお互いを評価し合う仕組みが取られています。

(よっぽどの事がない限りは、お互い満点の評価をつけるのが一般的です。)

報酬の支払いと同時に、テストライティングの合否も発表されます。

合格した場合は継続して記事制作の依頼を受注できますが、不合格の場合は「お祈りメール」的なのが届きます。

キヨビン
アツオ

テストライティングが不合格だった場合も凹む必要はまったくありません。

自慢じゃありませんが、ぼくも実力の見合わない高単価案件に応募して、何度も不合格になったことがあります。

よくある言葉ですが、「失敗は成功のモト」です。

ガッカリするのは一瞬でOK!酒でも飲んでケロっと忘れましょう!

webライティングの仕事を継続して受注するための簡単なコツ

せっかく応募した案件ですから、できれば長く続けたいですよね。

(新しい案件を探すのは面倒だし。)
クライアントさんと良好な関係を維持し継続的にお仕事を受注するために、超基本的なことですが以下の3点に気を付けておきましょう。
  1. レスポンス、納品はできるだけスピーディーに
  2. わからないことがあれば、素直に教えを乞う

順番に見ていきますね。

レスポンス、納品はできるだけスピーディーに

先方からいただいたメッセージに対して常に即レス体制を取る必要はありませんが、24時間以内には返信できるようにしておきましょう

理由は述べるまでもありませんが、レスがあまりにも遅いワーカーは信頼できないですよね。

また、指定された納期よりも2日ぐらい早く納品していく意識を持っておくのもオススメです。

早めに納品してくれるライターには、クライアントさんも優先的に案件を回してくれますしね。

わからないことがあれば、素直に教えを乞う

記事を書いていくうえで、わからないことがあれば素直に教えを乞いましょう。

これも単純に信頼度が増すからです。

例えば会社で部下に仕事を振るときのことを考えてみてもよくわかります。

不明点を事前に質問して解決する部下には、大事な仕事を任せたいと思うもの。

逆に仕事を進めている最中は何も聞いてこないくせに、成果物にツッコミどころが多い部下には大事な仕事は任せられません。

顔が見えないとはいえ、クラウドソーシングでもお互いの信頼関係は大事なのです。

キヨビン
アツオ

webライティングに少し慣れてきてからにはなりますが、「こうした方が良くない?」と思った際には勇気を出して提案していく姿勢も大事です。

ぼくもwebライターを始めてから半年ほどのときに、「クライアントが提示してきたキーワードと想定読者が少しズレているな」と感じたことがありました。

悩んだ末に自分の意見を提案してみると、とても感謝され提案内容も承認されました。

クライアントさんの全員がSEOやwebライティングに精通しているわけではありません。

教えを乞うスタンスを保ちつつも、主体性のある提案をしていけば、あなたの信頼度はグッと高まるでしょう。

まとめ

最後に要点をまとめます。

クラウドソーシングでのwebライティング案件の流れ

  1. 案件を探して応募する
  2. サンプル記事やマニュアルを熟読して記事を書く
  3. 見直しをして納品する
  4. クライアントのチェックが入り、要望があれば修正する
  5. 報酬が支払われ、お互いを評価して終了

クライアントからリピートされるコツ

  1. レスポンス、納品はできるだけスピーディーに
  2. わからないことがあれば、素直に教えを乞う。(時には提案も)
キヨビン
アツオ

webライターの仕事の流れ、おわかりになりましたか?

あんまり難しく考えずに、とにかくチャレンジして仕事をしながら慣れていくのがオススメです。

はじめの一歩を踏み出せば、あとはスイスイいくもの。挑戦あるのみだ〜♪

コメント

  1. […] 【受注〜納品】webライターの仕事の流れ【クラウドソーシング】webライターとしての仕事をクラウドソーシングで受注して納品するまでの流れをまとめました。 クライアントさんからリ […]

タイトルとURLをコピーしました